呉須絵

美しい「白と藍」の世界呉須絵の磁器”小谷焼”の復元

小谷在住の「現代美術作家児玉伸子さん」が、当時 明治印判技法で制作した12種類の絵柄を創作、再現されたものです。小谷焼は、明治初期 東広島市高屋町小谷村で焼かれた磁器の焼き物です。絵付けでなく、12種類の型紙により絵付けを行った明治印判技法で、呉須の色が鮮やかで、近代の磁器の中でも最も美しいと云われる「白と藍」の世界を造りだしています。